東久留米会館とは

即如門主の「関東の地に1市1ヵ寺の本願寺派寺院を」という都市開教の願いのもと建立されました。

1977(昭和52)年に土地を取得、1978(昭和53)年4月に起工、同年10月に落成・入仏法要が勤修されました。

当初は都市開教希望者研修センター・老人ホーム(幼児施設)・伝道院住職課程実習生の研修施設として計画されましたが、現在は地域に根付いた聞法の道場として築地本願寺の一翼を担っています。

1995年(平成7)年には新しい本堂が落成し、即如門主の御親修により落成慶讃法要が盛大に勤修され、新たな聞法の道場として、また、門信徒のこころのふるさととして親しまれています。

ページトップへ