み教え

浄土真宗の教章(私の歩む道)
宗名 浄土真宗
宗祖 親鸞聖人(ご開山)
ご誕生 1173年5月21日(承安3年4月1日)
ご往生 1263年1月16日(弘長2年11月28日)
宗派 浄土真宗本願寺派
本山 龍谷山本願寺(西本願寺)
本尊 阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)
聖典 ● 釈迦如来が説かれた浄土三部経
『仏説無量寿経』『仏説観無量寿経』『仏説阿弥陀経』
・宗祖親鸞聖人が著述された主な聖教
『正信念仏偈』(『教行信証』行巻末の偈文)『浄土和讃』『高僧和讃』『正像末和讃』
・中興の祖 蓮如上人のお手紙
『御文章』
教義 阿弥陀如来の本願力によって信心をめぐまれ、念仏を申す人生を歩み、この世の縁が尽きるとき浄土に生まれて仏となり、迷いの世に還って人々を教化する。
生活 親鸞聖人の教えにみちびかれて、阿弥陀如来の み心を聞き、念仏を称えつつ、つねにわが身をふりかえり、慚愧と歓喜のうちに、現世祈祷などにたよることなく、御恩報謝の生活を送る。
宗門 この宗門は、親鸞聖人の教えを仰ぎ、念仏を申す人々の集う同朋教団であり、人々に阿弥陀如来の智慧と慈悲を伝える教団である。それによって、自他ともに心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献する。
築地本願寺

関東の人々に「築地本願寺さん」と親しまれているこのお寺は、正式には「浄土真宗本願寺派築地本願寺」と言います。その発祥は、元和3(1617)年、西本願寺の別院として、第12代宗主(ご門主)准如上人によって建立されました。
当時、浅草近くの横山町にあったことから「江戸浅草御坊」と呼ばれていましたが、明暦3(1657)年、歴史的に有名な振袖火事で焼失してしまいました。しかし大火後の幕府の区画整理のため、旧地への再建が許されず、その替え地として下付されたのが八丁堀の海上でした。
そこで佃島の門徒が中心になり、本堂再建のために海を埋め立てて土地を築き、延宝7(1679)年に再建。「築地御坊」と呼ばれるようになりました。尚、このときの本堂は、正面 が西南(現在の築地市場)を向いて建てられ、市場のあたりが門前町となっていました。
その後、関東大震災で崩壊した本堂の再建では、東京(帝国)大学工学部教授・伊東忠太博士の設計による古代インド様式で昭和6(1931)年に起工、3年後の昭和9(1934)年に落成されました。そして、平成26(2014)年に重要文化財に指定され現在に至っています。

築地本願寺

ページトップへ